CBDオイルを過剰摂取するとどうなる?危険性はなく中毒性もない

CBDオイルを過剰摂取するとどうなる?危険性はなく中毒性もない

CBDを勘違いをしている人が多く危険性のあるサプリメントだと思っている人もいるようです。

しかし危険性はなく中毒性もないもので、1日に1,500mg摂取しても身体に害を及ぼしません。

1日にこれだけの量を摂取するというのは現実的に不可能に近いですが、その不可能な量を大量摂取しても身体に害は起こらないということです。

致死量などもありませんが、あまりにも大量に摂取すると本来の効果を得る目的から逸れてしまう場合があります。

そのため自分にとって一番効果の出る摂取量を知るということが大切になります。

はじめて使用する場合は、お試し感覚で少量から摂取すると良いでしょう。

一日10~15mg程度からはじめ、期待する効果が感じられたらその量が自分に適した量である判断基準になります。

もしも持病がある場合は自分で判断せずに、かかりつけ医に相談するなどの対処はとるようにしましょう。

販売サイトは個人で輸入し販売しているところもあるようですが、安全に使用できる公式サイトで購入することをおすすめします。

スターターキットなどの種類も豊富で、はじめてでも安全安心して購入することができます。

不安なことがあればお問い合わせにて確認することもできます。

空腹時に摂取すると早く消化消費される傾向にあり、満腹時よりも体内に残る時間は短い

CBDは体内にどのくらい蓄積されるのか、またどのくらいの量が体内に残るのか不安に思う人もいることでしょう。

CBDは通常は体内に2~5日ほど蓄積されると言われています。しかし実際の蓄積時間は個人によっても変化してきますので、明確な時間をはっきりと示すことはできません。

取り込んだCBD量は多ければ多いほど体内に長く残り続けます。またその人の身長や体重、代謝率などによっても体内にとどまり続ける時間は変化します。

体脂肪が多い人は体内に留まる時間も長い傾向がみられる傾向にあります。

食事のタイミングも大きく左右し、空腹時に摂取すると早く消化消費される傾向にあり、満腹時よりも体内に残る時間は短いとされています。

食事と食事の間なのか空腹時、満腹時なのか、自分の望む時間を調節するためにも、摂取のタイミングをいつにするのかを決めることが大切です。

取り込む方法も時間に大きく関わり、どのくらい血液に取り込まれるかで体内に留まる時間が変わってきます。

経口、舌下、ベイプでの摂取などそれぞれの方法を確認し、血液内への取り込み率を判断材料の1つにして考えると良いです。

体内に長く残ることで効果を期待する人は、これらの点を意識し自分に合った方法で使用していきましょう。